2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07



TOP > スポンサー広告 > title - あれから丸4年TOP > 赤西仁 > title - あれから丸4年
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 あれから丸4年
最近は雑誌への露出度が高く、だんだん自分の好きな
アングルの仁のみお持ち帰り(笑)

後は、本屋でガン見して、目の奥に焼き付けて帰ることが多い。

やはり、ここ一番はviviかなー。

あっきーな仁がそこにいる。

着るものによって、いろんな雰囲気をかもし出すあたりほんとプロの何者でもないね。

インタビューの答える仁は、普通の男性。

今まで、何度も何度も同じ質問をされてきただろう。

Q 小さいころはどんな子だった?
Q どんな性格なの?
Q 芸能界のお友達は?
Q 恋愛は・・・?

今までの回答を見比べて見てみたいもんだ(笑)

だけど、この年だからこその質問もあった。

Q どこからが「浮気」?

10代にはしない質問。

そして、極めつけは

Q 恋愛=結婚ってありですか?

ね?

仁の答えは

恋愛は結婚のためのスタートライン

たしかに。

でもでも、やっぱり、一番最後の仁の言葉が心に残る。

Q 10代20代のうちに経験しておいたほうがいいと思うことは?

仁の答えは

年齢に関係なく海外旅行。
考えや世界観が変わるし、発見もあるし、自分が見えてくる



やっぱり、あの半年は、仁にとって一生の宝物なんだよね。
それは、今の自分があるから言えることだっていうこと、
仁は気がついているかな。

きっと分かってるはず。
あの半年が、仁も私たちファンも忘れられないのだから。



ここからは、ちょっと思ったことを。

あの自殺したアナウンサーのことがきっかけで、
今月に入りいよいよ5年目に突入していたことを思い出した。

何が5年目かというと、私が病気を宣告されてから丸4年。
そして、私の生存率が50%という確率の5年目がスタートしていたのだ。

普段は気にしてないけど、
いつも死を意識しなければならない病気の私。

でも、こうして今は元気で普通の人と変わらない生活ができていることに
いつも感謝している。

発症して5年目に生きている確率が50%という病気だけど
いま、元気ということは、私はこれからもまだ生きられるほうの
50%に入ったということなのかな。

来年の5月。
私が生きていたら、それは立証されることになるんだと思う。

生きていたい。
もう少し生きたい。


私はあのアナウンサーのことを特別知っているわけじゃなかった。
でも、ニュースを見たとき、とてもショックだったし、悔しかった。

やっぱり自殺ってむかつく。
どうしても。

理由はどうあれ、健康なのに・・どうして自ら?と。

健康ってお金では買えない。
戻りたいと思っても戻れない。
1度病気になってしまうと、そのレッテルはなかなか取り除けないのだから。

彼女はきっと、後悔していると思う。
あんなにたくさんの応援してくれる人がいたのに。

でも、人って弱いものだよね。
ずっと強くはいられないし。

私も泣きたい時は泣いて、いっぱいいっぱい弱い自分を出していこう。

人って、1つの強がりの裏でいっぱい涙を流していると思うんだ。
それでいいと思う。

人は、一人じゃ生きられないから。

生きよう
生きていこう

私を支えてくれるれ人たちのためにも。



スポンサーサイト

カテゴリ【赤西仁】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

<<元気をくれるブロガー達 | ホーム | 仁カフェツアー>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。